読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラズパイ3倍美味しいブログ

ラズパイ3を美味しく食べます

子連れディズニーランド2日間。2017年3月

今回ラズベリーパイ全く関係ありません。子連れで大阪から1泊2日でディズニーランド2日間行ってアンバサダーホテル泊まってきました。その話を延々書いているだけ。持ち物アドバイスなど書いているのでどこかの誰かの参考になれば。そして次回の旅行計画のためになれば。

アンバサダーホテルでは、都市伝説かと思ってたけど、部屋のランクアップの提案があり、乗りました。お金は必要だったが、ランクアップしてよかったと思うよ。ランクアップする人生とランクアップしない人生の分かれ道にたって、ランクアップする人生を選べてよかった。。。(せっかくだしランクアップしようかと、言った旦那に個人的にホレ直しました。ランクアップの提案があったら乗るの大事)泊まった部屋は、すごい良くてですね・・・何でも2倍で2個あるんだなという驚き。。。トイレが2個、テレビが2個、風呂場も2個・・・すごい。この部屋の広さというか使い方はなんなの。。。これが金持ちなの。。。衝撃を受ける。うん、こんな家に住みたいw
ディズニーランドは2日間行って、乗った乗り物は何個だろう。
1日目昼からイン
13:00スーパードゥーパージャンピングタイム(ショー)→昼のパレードを見る→ピーターパン空の旅並ぶ(50分ぐらい)→キャッスルカルーセル(全部お馬さんなメリーゴーランド)→アナと雪の女王のパレード見る→16:00退園。
16:30アンバサダーホテルへ。(アンバサダーホテルへ向かうバスも割と満席。1台見送った。)
17:20-19:20シェフミッキーでディナー。ローストビーフをめっちゃ食べた。色々食べておなかぽんぽん。
子どもたちも疲れの限界で、ご飯食べながらもほっぺた真っ赤で超眠そう。夜のパレードはもう諦めて、部屋もランクアップしたことだしくつろぐ。ジャグジー付きだったので、バスジェル使って泡風呂を堪能した。子供ら超喜ぶ。うーんぶるじょあ・・・。こんな広い部屋に住みたいなぁ。こんな世界があるのかって、価値観が変わる。

2日目朝からイン(アーリーチェックインで7:50くらいにインしてたはず)
モンスターズインクのFP取る→バズライトイヤー並ぶ→スティッチエンカウンター→バズライトイヤーのFP取る→モンスターズインク→カリブの海賊→スティッチの魅惑のチキルーム→スターウォーズのスターツアーズFP取る→ジャングルクルーズスターウォーズのスターツアーズ(身長制限102cmがあり、長男と夫だけ)→バズライトイヤー→お昼ごはん→ウェスタンリバー鉄道→15:30退園

今回学んだこと

【アクセス方法】
大阪からディズニーランド行くなら、飛行機が超楽伊丹空港へ車で行って駐車場に泊めておいて、飛行機乗って帰ってきた。新幹線ではもう行きとうない。子供が小さいうちは絶対飛行機が良い。。。子供にとったら1時間10分の飛行時間でも長かった〜!という感想だそうです。
羽田空港からディズニーランドへ行くなら、バスが楽だと思う。そのリムジンバスのチケットを事前に買っておくべきだった。今回買わずに、羽田空港で買えるだろ、と思ってら、金曜日の9:40にバスチケット売り場に並んだら満席のため60分待ちだった。。。飛行機ついた40分後あたりのバスチケットを事前予約しておくべきだったなぁー。満席っていうことがあるんだよこれ。空港で時間ロスするのは痛い。10:40発のバスの券だったが、10:30発のバスに乗ることができた。10:30発の乗車人数が少なかったのか(前の人達がさらに前のバスに乗れたのか)、とりあえず10分だけショートカット。
・ウェルカムセンターはJR舞浜駅の近くなので、バスの停留所からはやや歩く。子連れだと5−10分はかかる(ホテルのプリチェックインのために行った。スーツケース預けられる)。ちょっと遠い。そうなるとディズニーランドホテルは、ランド入り口の真ん前なのでやっぱり近いよなぁと思う。いいなぁ。
伊丹空港の駐車場料金は(朝7時ー翌日夜9時くらいで)4630円くらい。
・行き伊丹空港8:00発で羽田空港9:10着の飛行機に乗って、帰り羽田空港19:20発伊丹空港20:30着の飛行機に乗った。まぁこんなもんかなぁ。1泊2日だったけど、2泊3日に伸ばしても疲れるかなぁ。

【持ち物】
iPhoneの充電器絶対必要。2日目に充電器とiPhoneをつなぐためのケーブル忘れて手痛い失敗をした。14時半に携帯の電池が切れてしまった。。。せっかく買ったのに私のばか!夫とも連絡取り合えなくなるので、充電器とケーブルは絶対忘れるべからず・・。
・飲み物ペットボトル事前に買っておいたらよかったかなぁ。スーツケース持っていくんで、ホテル帰ってから翌日の朝までに飲むお茶ペットボトル、2日目のランドで飲むもの・・・と考えたけど、重量制限ひっかかったら嫌だし、やっぱ現地調達がいいかなぁ。ランドでは買わずどこかコンビニで買っておくべきかな、という感じ。ランドでは売られてる種類が少ないし、500mlペットボトルが210円だったよ。
ポップコーンバケツとポップコーンは次回は持って行こうと思う。ポップコーン買うために並ぶのがもったいない。バケツは今回買ったからそれを今後も持っていくとして、中身のポップコーンはポップコーンパパの梅かつおを持って行こうと思う。お菓子も食べ物も甘いものがおおいので、しょっぱいものが絶対欲しくなる。
・ベビーカーに乗れる子がいるなら、ベビーカー絶対必要。持っていけるなら普段使っている奴持っていったほうがいい。2歳次男も歩けるようになってきたし、いらないかな?と思ってたけどそんなことはなかった。5歳長男が歩き疲れて乗りたいと言い出すし、もうベビーカー様様。絶対に絶対にベビーカー持っていけって!!!
ティッシュ大量に必要。鼻水ちょうふいてた。
ジップロックを持って行っててゴミ袋にしてた。落としたお菓子、鼻水ふいたティッシュ、お菓子の空き箱などなど、捨てるものは多い。ジップ出来たほうがなにかと便利だと感じる。
・アンバサダーホテルに泊まったので、パジャマは借りた。子供用のパジャマはもこもこしてて気持ちよかった。タオル生地かな。親もホテルのパジャマ使った。

【ランドでの遊び方】
・今回はディズニーシーを諦めて、ランド2日してみたけど、良かった。1日めが昼からインだったので、モンスターズインクとかバズライトイヤーとかが乗れなかったので、2日目に朝イチインしてFPとることができてようやく乗れたから。ランド2日でも全然楽しめる。
・2日めはアンバサダーホテルに泊まった特典の15分前エントリーを使って早めに入れたので、FPを他の来場者よりは早めにとることができた。まず、一番人気のモンスターズインクのFPを取って(9:50-10:50の利用OKチケット)、バズライトイヤーの方を並び(朝イチだと10分ぐらいで乗れる)、FP発券が可能になり次第次のバズライトイヤーのFPを取った(12:20-13:20利用可能)。長男はバズライトイヤーの方が点数が出るので楽しかった模様。
・意外と面白かったのはスティッチ・エンカウンター。ディズニーシーのタートルトークのようだった。一番前の席に座れたら、スティッチとお話できるかもしれない。初回は面食らうかもしれないので、様子がわかってきた2回目とかでも多分楽しめる。
カリブの海賊こわい。夢と魔法の国なのに、結構はげしく骸骨出てくるんだなと驚き。ディズニーってこんな感じだったっけ?!骸骨をこんな風に見ることができるって子供にとっちゃ結構衝撃だと思うんよね。これが原体験になって、骸骨ってこんな感じみたいなのが記憶に刻まれたかもしれない。なんてことを思った。
ウェスタンリバー鉄道。恐竜好きな次男が、喜んでた。蒸気船が見えたり、カヌーが見えたり、ディズニーランドの風景が見えたり、キャストやお客さん同士でも手を振ったら振り返してくれたり、なんか楽しい。
・晩御飯にシェフミッキーに行った後で余力があれば夜のエレクトリカルパレード見たり、アナ雪のシンデレラ城プロジェクションマッピングを見たりしよう!と思ってたんだけど、できませんでした。子供らが限界だったwまぁ親も限界だったんだけど。子供も親も歩き疲れてクタクタです。

・ランドのショーでスーパードゥーパージャンピングタイムは、最後にミッキーたちが広場に降りてきてくれて触れ合える時間があるので、子どもたちは喜んでた。子供たちだけで広場みたいなところに座っていられるならそこに置いて、親は外側から見るなどした。ギリギリに行くと入れなかったりするので、ある程度余裕を持って行っておいたほうがいい。

【食事関連】
シェフミッキーを1日目の17:20に予約。2時間は居てもいいと言われ、結局2時間居た。予定では1時間で出てるはずだったがそんな早く終わるわけもなくw
キャラクターがテーブルごとにちゃんと回ってくれるので、写真も撮れるしハグできる。ミッキーが回ってくるときに、ちょうど子供がトイレ行きたいといいだして、残念ながら初回はパスだった。次に回ってくるまで待つ感じ。
・他にもレストランを事前予約できたりもするのだが、1日目のシェフミッキーしか予約してなかった。2日目の昼をランドのレストランで予約したらよかったかなぁとは思っていたのだが、プライオリティシーティングはすでにうまっていた。適当に食べるのでもなんとかはなる。ここはFPがいつ取れるかわからないなどもあるので難しい。
・ちなみにシェフミッキー予約したのって、来園予定日の6ヶ月前だぞ?それでもほぼ埋まってた。ほんとすごい・・・

【トートバッグ買ったった】
アンバサダーホテル宿泊者しか買えないトートバッグ買っちゃった★
しれっと買った。もうアンバサダーホテル泊まることなんてそうそうなさそうだし。記念だ!!!

次回へのコメント

・つぎは次男の5歳の誕生日にディズニーシー中心に攻めようかな。ミラコスタ泊まろ??6ヶ月前から予約しよ??
・今回はANAに乗ったがJALのほうがいいとかあるのかなぁ。そこら辺も調べよう。ANAは第2ターミナル、JALは第1ターミナル。

・今回の心残りは、自分たちのおみやげをあまり買えなかったところかな。まぁ私はトートバッグ買ったからいいんだけど。トゥーンタウンとか近寄ることすらできなかった。ディズニーは広いな!トゥーンタウンでゆっくり遊ぶとか、いつできるんだろうか・・・。プーさんのハニーハントも行けなかった。FPはガンガン無くなっていくなぁ。閑散期の平日とかならまだいいんだろうけれど、平日行くのは難しいか・・・?子供が小学校に行ったら平日休みにくいかなーうーん。となると今年中に行かなきゃいけない系??

 

最後にprocessingで作ったミッキー壁紙(iPhoneSE用)とprocessingで作ったオラフのイラスト載せとこう。

f:id:umesyurock0603:20170219235139p:plain

いえーい可愛い。アンバサダーホテルに行っても、壁の模様をprocessingで表現できないだろうか・・・とか常に考えてしまっていた。アンバサダーホテルのカラーで何かできそうな気はするんだよなぁ。。。

f:id:umesyurock0603:20170124012028p:plain

アナと雪の女王を事前に子供らに見せておいてよかったよ。あ!オラフ!!と見つけては教えてくれた。

○ッキーマークもどきできたよ!?

 前回の記事で、Processingつかって、黒背景にドットをグラデーションかけて並べてみたけど、なんか目がチカチカする。円の大きさを大きくして、もうちょっと式を綺麗にするべく少々いじってみた。

dots3.pde
------------------------------------
void setup(){

size(640,1136);
background(255);
noStroke();
colorMode(HSB, 360, 100, 100, 100);//HSBモード(H:360段階, S,B,Alpha:各100段階)で指定する
smooth();
float r=50;

for(int i=0;i<(height/r)+2;i+=2){
for(int j=0;j<(width/r)+2;j+=2){
fill(360*(i/(height/r))*(j/(width/r)),100,100);
ellipse(j*r,i*r,r,r);
}
}
for(int i=1;i<(height/r)+2;i+=2){
for(int j=1;j<(width/r)+2;j+=2){
fill(360*(i/(height/r))*(j/(width/r)),100,100);
ellipse(j*r,i*r,r,r);
}
}

}

void draw(){}

void keyPressed(){
if(keyCode==ENTER){
save("dots3.png");
}
}
------------------------------------

f:id:umesyurock0603:20170219234859p:plain

お、かわいいじゃーん★(自画自賛
円の半径をrという変数にできた&ちょっとプログラムスッキリしたぞ?いい感じかもしれない?!少なくとも1つ前の記事よりはましになった気がする。

ドットか〜。このドット、そういえばもしかして、こんなことできるだろうか。
大きな円の上に小さな円を2つ並べてみたら・・・もしかして。
dots4.pde
------------------------------------
void setup(){

size(640,1136);
background(0);
noStroke();
colorMode(HSB, 360, 100, 100, 100);//HSBモード(H:360段階, S,B,Alpha:各100段階)で指定する
smooth();
float r=60;
float mm=35;//耳の位置調整用
float mr=r*2/3;//耳の直径

for(int i=0;i<(height/r)+2;i+=2){
for(int j=0;j<(width/r)+2;j+=2){
ellipse(j*r,i*r,r,r);
ellipse(j*r-mm,i*r-mm,mr,mr);
ellipse(j*r+mm,i*r-mm,mr,mr);
fill(360*(i/(height/r))*(j/(width/r)),100,100);

}
}
ellipse(0,0,r,r);
fill(0,100,100);//左上の赤丸のためプログラム

}

void draw(){}

void keyPressed(){
if(keyCode==ENTER){
save("dots4.png");
}
}
------------------------------------

f:id:umesyurock0603:20170219235004p:plain

ハハッ!できちゃった。左上の赤丸がどうしても白くなってしまうので、無理やり後から加えるという荒業を使っています。数式の美しさはどうしたんだ!!とはいいつつ、○ッキーマークできたので、楽しくなってきた。
相変わらず力技です。

力技ついでに、もう一個作ってみる。

dots5.pde
------------------------------------
void setup(){

size(640,1136);
background(0);
noStroke();
colorMode(HSB, 360, 100, 100, 100);//HSBモード(H:360段階, S,B,Alpha:各100段階)で指定する
smooth();
float r=60;
float mm=35;//耳の位置調整用
float mr=r*2/3;//耳の直径
float s=30;
float mms=17;
float ms=s*2/3;

for(int i=0;i<(height/r)+2;i+=2){
for(int j=0;j<(width/r)+2;j+=2){
ellipse(j*r,i*r,r,r);
ellipse(j*r-mm,i*r-mm,mr,mr);
ellipse(j*r+mm,i*r-mm,mr,mr);
fill(360*(i/(height/r))*(j/(width/r)),100,100);

}
}
ellipse(0,0,r,r);
fill(0,100,100);//左上の赤丸のためプログラム

for(int i=1;i<(height/r)+2;i+=2){
for(int j=1;j<(width/r)+2;j+=2){
ellipse(j*r,i*r-ms,s,s);
ellipse(j*r-mms,i*r-mms-ms,ms,ms);
ellipse(j*r+mms,i*r-mms-ms,ms,ms);
fill(360*(i/(height/r))*(j/(width/r)),100,100);
}
}

}

void draw(){}

void keyPressed(){
if(keyCode==ENTER){
save("dots5.png");
}
}
------------------------------------

f:id:umesyurock0603:20170219235139p:plain

ハハッ!!さらに仲間が増えたよ!なんとなく等間隔に互い違いに並べたように見えるけど、これもわりとで調整しているので力技だよ。力技Processingだよ!

コメントはちゃんと書かないと、多分1週間後の自分へのダイイングメッセージにもならない気がする。この変数、なんでこんな名前つけてんだよ!って多分ツッコミしかしてないと思う。コメントはちゃんと書こう。。。

ネスト(入れ子)構造使ってみる

 Processingで自分の思い描いた図形を描くことを勉強したい。
自分の思った通りの図形を数式で描いてみたいんだよう。
こういうのを考えるのは、頭の体操というか、頭の良い人はもっとスマートな式を作ることができるんだろうかとか思う。

r-dimension.xsrv.jp

for文の中に、またfor文を入れるのは、これをネスト(入れ子)構造という。
うん、習った気がする。

www.d-improvement.jp

ついでに、カラーモードをHSBモードにする方法も入れてみる。

dots.pde
--------------------------------------------------
void setup(){

size(500,500);
background(255);
noStroke();
colorMode(HSB, 360, 100, 100, 100);//HSBモード(H:360段階, S,B,Alpha:各100段階)で指定する
smooth();

for(int i=0;i<9;i+=2){
for(int j=0;j<9;j+=2){
fill(3.6*(j+1)*(i+1),100,100);
ellipse(50+j*50,50+i*50,50,50);
}
}
for(int i=1;i<9;i+=2){
for(int j=1;j<9;j+=2){
fill(3.6*(j+1)*(i+1),100,100);
ellipse(50+j*50,50+i*50,50,50);
}
}

}

void draw(){}

void keyPressed(){
if(keyCode==ENTER){
save("dots.png");
}
}
--------------------------------------------------
互い違いに並べてみる。なんかもっとまとめられそうな気もするんだけど、とりあえずこうすれば、このような法則で丸を並べられそう。

f:id:umesyurock0603:20170219111831p:plain

自分のテンションをあげたいので、iPhoneSEの壁紙にしてみる。
dots2.pde
--------------------------------------------------
void setup(){

size(640,1136);
background(0);
noStroke();
colorMode(HSB, 360, 100, 100, 100);//HSBモード(H:360段階, S,B,Alpha:各100段階)で指定する
smooth();

for(int i=0;i<(height/10)+2;i+=2){
for(int j=0;j<(width/10)+2;j+=2){
fill(3.6*(j/10+1)*(i/10+1),100,100);
ellipse(-10+j*10,-10+i*10,10,10);
}
}
for(int i=1;i<(height/10)+2;i+=2){
for(int j=1;j<(width/10)+2;j+=2){
fill(3.6*(j/10+1)*(i/10+1),100,100);
ellipse(-10+j*10,-10+i*10,10,10);
}
}

}

void draw(){}

void keyPressed(){
if(keyCode==ENTER){
save("dots2.png");
}
}
--------------------------------------------------

f:id:umesyurock0603:20170219112306p:plain

色が、もうちょっとグラデーションかけたいのだが、なんか、四角の塊が見えるような。
今回できるようになったこと
・RGBの色指定から、HSBでの色指定というものを知った。
・forの中を入れ子構造にすることができた。あとiとかjとか2つずつ大きくするということもできるようになった。i+=2という感じで。

今後の課題
・互い違いに丸を打てるようになったので、このxy値を中心として、正三角形を並べてみるとか、そういうことできないだろうか。
・もっとスマートにできるんじゃないか、という考えはいつも心の中に浮かぶ。

バレンタインだけど、三角形を並べます

 Processing使って、バレンタインになにを必死になって三角形を並べてんだと思いますが、並べました。ランダムに、しかも、ひっくり返ってたりもします。iphone SEの壁紙にできるように、大きさは横640ピクセル、縦1136ピクセルに合わせています。

random_cast_triangle.pde(※この記事の下にちょっと改良版載せてます20170219)

--------------------------------------
void setup(){

size(640,1136);
background(#63F09A);
strokeWeight(1);
stroke(0);
int h =30;//正三角形の辺の長さ

for(int i=0;i<2000;i++){
int tx = int(random(0,640/h+1));//x方向に何個目の三角形か
int ty = int(random(0,1136/h*2));//y方向に何個目の三角形か
fill(0,random(150,255),random(100,200));
if (i%2==0){
float x1=-h/2+h*tx;
float y1=h*sin(radians(60))*ty;
float x2=x1-h/2;
float y2=y1+h*sin(radians(60));
float x3=x2+h;
float y3=y2;
float x4=x1+h;
float y4=y1;
triangle(x1,y1,x2,y2,x3,y3);
}else{
float x1=-h/2+h*tx;
float y1=h*sin(radians(60))*ty;
float x2=x1-h/2;
float y2=y1+h*sin(radians(60));
float x3=x2+h;
float y3=y2;
float x4=x1+h;
float y4=y1;
triangle(x1,y1,x3,y3,x4,y4);
}
}
}

void draw(){}

void keyPressed(){
if(keyCode==ENTER){
save("random_cast_triangle.png");
}
}
--------------------------------------

エンターキー押して画像保存!

f:id:umesyurock0603:20170214103956p:plain

数式の美しさはどこへ行った。なんかすごい力技で作った気がする。
Processingのマスターから見たら、多分、ここはこっちに統一できる、とかあるんだろうな。同じことを繰り返し書いているのがすごく気持ち悪いんだけど、消すとダメだって怒られるから残している。もう少し知識を増やしてかっこよく計算式をまとめてみたい。

今回のまとめ

・トライアングルを正位置と逆位置とでランダムに並べることができた。

・ifとelse使ってみた
・sin(radians(90))使ってみた

今後の課題

・使う色を選んでランダムに並べてみたい。

・六角形も綺麗にしきつめてみたい。蜂の巣みたいに。
・ひし形をしきつめたい。(中心点を規定して描くとかできないかなぁ)
・いちご並べたい
・桜舞わせたい
・Processingで3Dの世界覗いてみたい。

 

------

ちょっとプログラムいじったので追記。通りすがりさんのコメントで学んだことを入れてみた。(他にも色々いじってるのでごちゃごちゃはしている。)

random_cast_triangle2.pde

--------------------------------

void setup(){

size(640,1136);
background(0);
smooth();
strokeWeight(1);
stroke(0);
colorMode(HSB, 360, 100, 100, 100);
int h =30;//正三角形の辺の長さ

for(int i=0;i<2000;i++){
int tx = int(random(0,640/h+1));//x方向に何個目の三角形か
int ty = int(random(0,1136/h*2));//y方向に何個目の三角形か
fill(random(140,180),random(80,100),100,random(100));
float x1=-h/2+h*tx;
float y1=h*sin(radians(60))*ty;
float x2=x1-h/2;
float y2=y1+h*sin(radians(60));
float x3=x2+h;
float y3=y2;
float x4=x1+h;
float y4=y1;
if (i%2==0){
triangle(x1,y1,x2,y2,x3,y3);
}else{
triangle(x1,y1,x3,y3,x4,y4);
}
}
}

void draw(){}

void keyPressed(){
if(keyCode==ENTER){
save("random_cast_triangle2.png");
}
}

--------------------------------

上記のプログラムのポイントは、ifの前にfloat x1・・・とかの条件をまとめて書くことができた、というところ。繰り返し書くのはできるだけ避けたいもんね!画像は下記のようになる。RGBではなく、HSBで色を指定することで思ったような色を指定したいんだけど、Hueの範囲がまだ自分の中でつかめていない。緑〜青にかけてのサイバーっぽい色合いにしてみたいなぁ。とりあえず現時点ではこんなかんじ。この三角も綺麗に並べ直したいんだよなぁ。。。

f:id:umesyurock0603:20170219110546p:plain

 

Processingで作ったA4サイズのハートの包装紙作ってラッピングする

 もうすぐ本当にバレンタインなんだけど、まだ包装紙とか用意してないぜって人に捧ぐ(つまり私だよ)

 前回の記事に続いて、ファンシーなハートを思いのほかファンシーに並べることができたので、気を良くした私はA4サイズの画像を作ることを思いついた。
A4用紙のピクセル値ってなんだろう。下記を参考にします。

www.benricho.org


A4サイズ、300dpiの場合→横3508ピクセル☓縦2480ピクセルで作ることにする。
サイズを大きく変えると、ハートの大きさも、散らす数も色々適当に変える必要がある。
random_heart_funcy_a4.pde
-------------------------------------
void setup(){
size(3508, 2480);//A4サイズ、300dpi
background(#E0B5C9);
noStroke();
randomSeed(1);
for(int i=0;i<1500;i++){
float hx = random(width);
float hy = random(0,height);
float h = random(40,200);
println(hx);
fill(random(210,255),random(0,100),random(0,100),random(50,100));
heart(hx, hy, h,h);
}
}

void draw(){}

// ハート形の描画
void heart(float centerX, float centerY, float width, float height){
final float WIDTH = width / 2 * 0.85;
final float HEIGHT = height / 2;
final float OFFSET = centerY - (HEIGHT / 6 * 5);
beginShape();
for(int i = 0; i < 30; i++){
float tx = abs(sin(radians(i * 12))) * (1 + cos(radians(i * 12))) * sin(radians(i * 12)) * WIDTH + centerX;
float ty = (0.8 + cos(radians(i * 12))) * cos(radians(i * 12)) * HEIGHT + OFFSET;
vertex(tx, ty);
}
endShape(CLOSE);
}

void keyPressed(){
if(keyCode==ENTER){
save("random_heart_funcy_a4.png");
}
}
-------------------------------------
よーしできた。

f:id:umesyurock0603:20170212210123p:plain

2.2MB。ハートだけなのに重いな。。。こんなものなのか。
これをA4用紙に印刷してみる。

Processingで作ったハートの包装紙だよ。↓印刷した

 f:id:umesyurock0603:20170212212103j:image

これを使えば、どんなものでもラッピング自由自在。愛に溢れております。

 f:id:umesyurock0603:20170212212114j:image

f:id:umesyurock0603:20170212212119j:image

(うーん。ラッピングの腕前はまだまだなので、A4サイズの用紙でセンス良くラッピングする方法を探さねば。。。)

可愛いハートをいろんなサイズで好き勝手に敷き詰める

Processingで自分の想像通りに何かを作り上げるのは楽しい。

色々な関数を覚えていくのは、魔法の言葉を覚えていくようだな、ってまさに思う。魔法学校の生徒も、こんな風に魔法の言葉を覚えていって、魔法の言葉を使いこなせる生徒はどんどん上級魔法を使っていけるようになるんだろう。なんかそんなことをイメージしてしまう。


そんなわけでProcessingのrandom()の魔法は面白い。ハートを出せる魔法を学んだのでバンバン撃ってる。前回に続いて、ランダムにハートを敷き詰めてみたい。位置は別に揃ってなくてもいいや。画面の大きさは私の所持携帯iPhoneSEの画面サイズにする。横640ピクセル☓縦1136ピクセルね。

 

ハート形の描写は前回の記事と同様、下記のサイトを参考にしている。

Proce55ing.walker,blog » Blog Archive » Processingで五角形・六角形・ハート形を描く

作ってみたぞー
random_heart_funcy.pde
----------------------------------------------
void setup(){
size(640, 1136);
background(#E0B5C9);
noStroke();
randomSeed(5);
for(int i=0;i<500;i++){
float hx = random(width);
float hy = random(0,height);
float h = random(20,100);
println(hx);
fill(random(210,255),random(0,100),random(0,100),random(50,100));
heart(hx, hy, h,h);
}
}

void draw(){}

// ハート形の描画
void heart(float centerX, float centerY, float width, float height){
final float WIDTH = width / 2 * 0.85;
final float HEIGHT = height / 2;
final float OFFSET = centerY - (HEIGHT / 6 * 5);
beginShape();
for(int i = 0; i < 30; i++){
float tx = abs(sin(radians(i * 12))) * (1 + cos(radians(i * 12))) * sin(radians(i * 12)) * WIDTH + centerX;
float ty = (0.8 + cos(radians(i * 12))) * cos(radians(i * 12)) * HEIGHT + OFFSET;
vertex(tx, ty);
}
endShape(CLOSE);
}

void keyPressed(){
if(keyCode==ENTER){
save("random_heart_funcy.png");
}
}
----------------------------------------------

f:id:umesyurock0603:20170212093847p:plain

ハートがファンシーになったし、大きさもばらばらだし、かーわいー!
女子力が上がる壁紙できました。

今回は、randomSeed(5);というのを使っている。
これをいれていることで、ランダムだけど、毎回このプログラムを実行すればこの形に出会えるようにしている。他の形を見てみたければrandomSeed(0);とかrandomSeed(777);とかを入れてみればまた違った形に出会える。

randomSeedについては、
『遊んで学ぶ はじめてのプログラミング Processingの魔法学校』
Lv7魔法コンクール!?〜繰り返しと関数でアートに挑戦〜p,171-172
バラバラだけど毎回同じにする〜randomSeed〜バラバラな数の出方を決める。
で学んだ。こういうことなのかな、と思いながらやっている。

 

今後の課題

ファンシーな色合いを3つぐらい指定しといて、これらの中からどれかの色で塗ったハートを敷き詰めるとかしたい。このハートがつぎつぎ出てきては古いのが消えていくようなGIF動画を作ってみたいなぁ。

 

※↓参考図書です。randomSeedって何の役にたつのかな?っと思ってたけど、いまちょっとわかりかけてる。

Processingでハートいっぱい!

 processingでランダムに色々なことができるのは楽しい。まだまだrandom()の魔法にとりつかれています。

 次は何を敷き詰めてやろうか。バレンタインデーも近いことだしランダムにハートを敷き詰めてみたい。
画面の大きさは私の所持携帯iPhoneSEの画面サイズにする。4インチのRetinaディスプレイなんだ。1136☓640ピクセルで326dpiなのねなるほど。
 ハート形の描写は前回の記事でも参考にしたものだけど、下記のサイトを参考にする。

Proce55ing.walker,blog » Blog Archive » Processingで五角形・六角形・ハート形を描く


ハート形の描き方
----------------------------------------------
void setup(){
size(300, 300);
}
void draw(){
heart(75, 225, 150, 150);
}
// ハート形の描画
void heart(float centerX, float centerY, float width, float height){
final float WIDTH = width / 2 * 0.85;
final float HEIGHT = height / 2;
final float OFFSET = centerY - (HEIGHT / 6 * 5);
beginShape();
for(int i = 0; i < 30; i++){
float tx = abs(sin(radians(i * 12))) * (1 + cos(radians(i * 12))) * sin(radians(i * 12)) * WIDTH + centerX;
float ty = (0.8 + cos(radians(i * 12))) * cos(radians(i * 12)) * HEIGHT + OFFSET;
vertex(tx, ty);
}
endShape(CLOSE);
}
----------------------------------------------
heart(x座標, y座標, ハートの縦サイズ, ハートの横サイズ);
であることに注意する。
さーしきつめてみるぞ?ついでに、その画像をエンターキー押したら保存できるようにするぞ?これでiPhoneSEの自作背景画像をゲットするのが目的です。
----------------------------------------------
void setup(){
size(640, 1136);
background(0);
noStroke();
int h =20;
for(int j=0;j<600;j++){
int hx = int(random(0,640/h));
int hy = int(random(0,1136/h+1));
println(hx);
fill(random(150,255),random(0,100),random(0,200));
heart(hx*h+h/2, hy*h+h/2, h,h);
}
}
void draw(){}

// ハート形の描画
void heart(float centerX, float centerY, float width, float height){
final float WIDTH = width / 2 * 0.85;
final float HEIGHT = height / 2;
final float OFFSET = centerY - (HEIGHT / 6 * 5);
beginShape();
for(int i = 0; i < 30; i++){
float tx = abs(sin(radians(i * 12))) * (1 + cos(radians(i * 12))) * sin(radians(i * 12)) * WIDTH + centerX;
float ty = (0.8 + cos(radians(i * 12))) * cos(radians(i * 12)) * HEIGHT + OFFSET;
vertex(tx, ty);
}
endShape(CLOSE);
}

void keyPressed(){
if(keyCode==ENTER){
save("random_cast_heart.png");
}
}
----------------------------------------------

Enterキーぽちー!

f:id:umesyurock0603:20170211185136p:plain

すごーい!ハートいっぱい、たーのしー

 

今回のメモ
 void draw(){}の中にハートをランダムに敷き詰めるプログラムを入れると、時が経つにつれてどんどんハートがふえていくの。FrameRate(1)としても、現れるスピードはゆっくりにはなるのだけど、やっぱり時が経つとハートが増えていくのはかわらない。
やっぱり、void setup(){}の中に書いている方が、一回だけ描くという目的にはあってるみたい。

 

今後の課題

星を敷き詰めたい。ハートもう少しポップな色合いで大きさ変えたりして敷き詰めたい。ダイヤも敷き詰めたい。